お金を少しでも確保するために不動産売却をしよう

快適な環境づくり

家は快適な環境づくりに必須なものです。もし勤務地が遠くなった、他にもっと快適な家を見つけたというのであれば、今所有している物件を売却することも検討することができます。

不動産売却はこの順番で行なう

積み木

目安を立てて不動産会社に問い合わせる

買主を自分で探すのは難しいですので、頼りになる不動産会社に頼んで買主を探してもらうことになります。その前に、家の相場を知ることが大事です。建築物の診断をしてくれる業者もあるので依頼してみましょう。

媒介契約を行なう

いくつかの不動産会社と面談してみて、納得がいく提示やプランを立ててくれた会社に依頼します。このとき仲介依頼の媒介契約を結ぶことになりますが、いろんな契約方法があるので確認しておくべきです。

不動産を売りに出す

インターネットサイトに情報を出し、チラシを配るなどをしながら物件の情報を公開していきます。購入の希望者には欠陥もしっかり伝えておかなければなりません。買主が見つかれば契約を結んで引き渡します。

お金を少しでも確保するために不動産売却をしよう

家の模型

裁判所の競売だと融通がきかない

家を変えたいと考えるとき、所有しているものを売却すればお金が多少戻ってきますが、競売にかけられるとそうはいきません。
不動産を手放さなければならないタイミングとしては、こういった競売で差し押さえられたときがありますが、自分の自由にすることができないので、競売される前に売却したほうがいいです。

家族

仲介に入ってくれる

競売にかけられる前に売却活動を行なうことを任意売却といいますが、これを専門的に仲介してくれるところが熊本にも福岡にもあります。債権者は銀行であることがほとんどですが、間に入ってくれると助かるでしょう。くれぐれも気を付けたいのが任意売却になれている業者ばかりではないという点です。しっかり実績も確認して頼まなければなりません。

部屋

リスクを認識する

高い値段で売れれば住宅を手放しても引っ越し費用を捻出することができますが、リスクも認識しておきましょう。
任意売却をするためには住宅ローンの支払いを一定期間停止してから手続きしなければなりませんので、その後6年は大型のローンを組むのにも支障が出ます。

リスクとメリットを見比べる

少しでもお金の確保をするための方法を探らなければ、今後の生活にも支障が出てしまいます。任意売却はその点ではとても良い方法だといえます。リスクとメリットを見比べて早めに利用を検討しましょう。

広告募集中